ストリートダンスの種類

ストリートダンスとは

ストリートダンスとは、読んで字のごとく路上(ストリート)で踊ることから生まれてきたストリート系ダンスの総称です。

以前、ダンスを習おうと思えば、バレエ、ジャズダンス、タップダンスぐらいしか思い浮かびませんでしたが、昨今のストリートダンスブームにより、ストリートダンスを教えるダンススタジオやスポーツクラブが多く存在しています。

ストリートダンスのジャンル

ストリートダンスにはたくさんのジャンルが存在します。

代表的なものとしてロック(ロッキン)、ポップ(ポッピン)、ジャズダンス、ブレイキン、ヒップホップ、レゲエ、ハウスなどです。

また、ストリートダンスは誕生した時代ごとに、オールドスクール(Old School)、ミドルスクール(Middle School)、ニュースクール(New School)の3つに大別されています。

オールドスクールは70年代~80年代半ばに誕生し流行していたストリートダンスを指しており、ロック(ロッキン)、ポップ(ポッピン)、ブレイキン、パンキングなどです。

ミドルスクールは80年代半ば~90年代初期あたりまでに誕生し流行していたストリートダンスを指しニュージャックスイング、ホーシングなどです。

ニュースクールはミドルスクール以降に誕生したストリートダンス、一般的にはヒップホップとハウスを指しています。